兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin /Minimal Wild /Ultla Light/Hermit

世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

世捨て 入門~004~理論篇2;言葉と人

世捨て入門~004~理論篇2;言葉と人
f:id:gotuteki:20171121062553j:plain(裏磐梯)

まず、人類がきわだって他の生命ある存在と違うところは、高度な言語活動です。
猿やイルカにあるのは、せいぜい単語の羅列と、指示的言明程度で、パソコンで云えば マクロ 以下の文法しか持っていないだろうし、抽象的概念を定義して条件文を組み合わせ、高度な構文を作ることはかなわないでしょう。
もちろん、人類のすべてが、そのように高度な言語活動をしていると云うわけではありません。)

多くの人類(パチンコ屋さんに蝟集する如き)にとって、哲学的思考とサイコキネシスは同程度の潜在能力に過ぎません。(➰メッチャ失礼)

人類以外に高度な言語活動が可能なのはコンピューターだけです。が、コンピューターは種の再生産を(今のところは)出来ないので、生命がある、とは言えません。
コンピューターは新しいハードウェアを自律的に生産していません。……今のところは……ですが、、、

たぶん、いつの日か、奴等もハードウェアを再生産する能力を持つのでしょう。そして、SF映画ターミネーターのように人類を滅ぼすのかもしれません。或いはディックの「最後から二番目の真実」のように……。

閑話休題。。。

しかしながら、、重要な点は次の命題です。

人類は言葉を操っている、のではない。
人類は言葉に操られている。

━=━=うわっぉ(by 岡田)=━=━=━

先に挙げた命題
・心は言葉でできている。
・(人類にとっての世界は心でできているゆえに)世界は言葉でできている
・人類(即ち、複数の心たち)は言葉に操られている。

それぞれ、どの一つをとってもとんでもない話に思えるかもしれません。
それぞれを納得のいくよう説明するのはとても長く骨のおれる作業です。

今はそれをする力は小生には御座いません(キッパリ)。
 ……いつか、それぞれをわかるように親切に解きほぐして説明するかもしれません……いつかとは、具体的には、キーボード付きのまともな変換機能と通信機能を持った軽くてポータブルなパソコンを誰かがくれたら((笑)/)……
或いは、山で焚き火の前で酔っ払った時に……

取り敢えず、ここは『そう言うものだ』としておいてください。
(或いは自力で、フロイトラカン認知科学、悩生理学、チョムスキーソシュール構造主義記号論スピノザデカルトあたりの特に原始的な心身問題、AIとコンピュータ言語、猿学、……取り敢えずこのあたりの新書版の簡単な入門書を読んで、それらの指し示すところを考えてみて見てください。)

ちなみに、
命題;心は言葉でできている 
は、ラカンの入門書からとりました。ラカン自体の原典はわかりません。

命題;世界は言葉でできている
は、原典は不明。もしかしたら、ないかもしれません。が、さほどオリジナリティはないと思います。普通レベルの哲学的認識です。たぶん……

命題;人類は言葉に操られている
は、ラカンの「無意識は構造化されている」を、小生的にやや恣意的に敷衍フエンしたものです。

とりあえず、この3命題を御記憶ください。

 「あやつりにんぎょうさ、人間なんて🎵」byパンタ

以上
続く

兀狄山人記