兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin /Minimal Wild /Ultla Light/ネオBライフ/Hermit

世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

20180209 丹三郎尾根,日の出山,梅ノ木林道【低山】

20180209 丹三郎尾根,日の出山,梅ノ木林道【低山】
f:id:gotuteki:20180211071957j:plain
相変わらず八高線は連絡が悪く、3分前に拝島から接続電車は出てしまうことはわかっていたが始発に乗った。
青梅で50分近く待って古里へ。
連れの MG は車で送ってもらって直行だった。
すぐに歩き始める。
登山口の トイレは使用禁止だっから、水を汲んできてよかった 。
登り始めると、雪はついていたがアイゼンをつけるほどでもなくほっとした 。
今回も前回に引き続きアイゼンを 忘れてきた。 
しかし、ここで凍結して 登れなかったという記憶はないから、まあ大丈夫だろう。 
問題は日の出山からの下りだ が、最悪金比羅尾根か表参道から降りて来ればいい。
f:id:gotuteki:20180211071943j:plain
いつも通り埒もないことを話しながら、あっという間に登り切り、大塚山は巻き、陽のあたるベンチで少し休んだ 。
ビジターセンターに降りる坂が一番凍結していたかもしれない。
御岳の町を通り、日の出山へ 。やや滑りはするがアイゼンをつけるほどではない。不思議と日の出山下のトイレは使えた 。

さすがにこの季節、日の出山とは言え、人は少なく2,3人のソロがちらほらするだけだった。
ここで珍しく普通の食事をすることにした 。本日の装備は、ULCK ウルトラライトクックキット。
モンベル600ミリリットルの チタンカップに、グルーブストーブ 、ストーブの座布団、柄の無いステンのカップ、 風防、割り箸、マッチなど必要なもの全てをを入れてある。
チタンカップで茹でそばを温めて食べ 、ステンのマグで インスタントコーヒーを飲んだ。
下りが怖いので酒は飲まなかった。
MG は なんとフライパンでイワシを焼いている。しかもスキットルのウイスキーをのみ、〆にもやしそばを食べてる。若い。
f:id:gotuteki:20180211072029j:plain
f:id:gotuteki:20180211072045j:plain
彼は ごつい六本歯を持ってきいたので心配はないと言えばない。
下りは凍結していたが 、林に面した縁の雪の上を歩いたので問題はなかった。
梅ノ木峠まで歩き、その先をどうしようか考えたが、すなおに梅ノ木林道を降りることにした。
やはり降りると一杯飲みたくなる。
吉野街道を軍畑駅へ曲がる道を横目に、お馴染みスーパーマーケットのバークまで歩き、早速 のどごしストロングを一本ずつ飲んだ。
やや足りない。
二俣駅近くの セブンイレブンで MGが日本酒を買い、石神前の駅で 電車がくるまで彼に付き合わせ、 酒を少しだけいただいた。 
雪のせいか、ずいぶんかかったようだ。0730には歩き始めていたのにもう15時を回っていた。

帰りは東福生マルエツで日本酒の大きなパックを買い、家につくと飲みながら飯を食ってすぐに寝た。

翌日、土曜は、サウナ風呂のルーティーン。
往復14㎞歩き汗を流した。
これで、「減量トレッキング・トレーニング?」略して減トレ8回目終了。明日は日曜、休養日。