兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin /Minimal Wild /Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/Hermit

世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

自由の重さと、自由の軽さ【雑】

自由の重さと、自由の軽さ【雑】
f:id:gotuteki:20180509191020j:plain
ザックの重さは自由の重さ、である。

が、一方

ザックの軽さは自由の軽さ、でもある。

先の重さは、自由の自己責任の重さをかけたものだろう。

後の軽さは、軽やかな気持ちをかけたものだろう。

どちらも、間違いではない。

……軽さは正義。と云う言葉も耳にするが、これは、言葉に対してとても鈍感な無神経さを感じる。
ファッショ(全体主義)の臭いがする、嫌な言葉だ。
頭の悪いスポーツマンが使いそうだ。
心有るならば、使用を控えたい……

ザックの、重さと軽さの、共に自由へと通じる道の平衡を取る、落とし処は、本人のキャラクターにしかないのだろう。

何を、より辛く感じ嫌悪し耐えがたく感ずるか?
何ならば比較的、耐えられるか。 

ガタガタ言わずに全部持っていく。と云う、マチズムも一興。
何も持たない、と云う老荘風狂の徒を真似るのも、また一興。

(UL ウルトラライト も、タオイズム、ヒッピーカルチャーの影が濃い)

自由の形は、一つではない。

只一つの、唯一の、自由の条件。

己、独りを恃み、徒党を組まぬこと。

全ての偉大なものは荒野に立つ。

自由と、孤独は、硬貨の裏と表。
引き離すことは出来ない。

孤独を楽しめないならば、自由の楽しみは諦めるしかない。

二人の自由など、古来有ったためしはない。

愛と云う堅牢な牢獄をシェルターとする心は、
200グラムのタープの下の自由を愉しむ心と相容れない。

それは、自由ではなく逃避と云うものだろう。