兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin /Minimal Wild /Ultla Light/ネオBライフ/Hermit

世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

旭山動物園,函館塩ラーメン 13・14・15日目 帰還【2018夏1-13】【旅】

旭山動物園,函館塩ラーメン 13・14・15日目 帰還【2018夏1-13】【旅】
f:id:gotuteki:20180806155145j:plain
最後はまく。

08 01 水曜
突然、キッチュ旭山動物園へいくことにした。
サラリーマン時代たまに上野動物園でサボったりして以来かもしれない。
上野ではゴリラが直接窓越しにいて面白かった。

で、旭山動物園はなかなかだ。
手作り感と、ペンギン、カバ、アザラシ?、が透明の水槽で下から見えたりの仕掛けがうまく噛み合っていた。
カバが一番面白かった。
f:id:gotuteki:20180806155101j:plain
ヒトは多いが、上野動物園みたいにキチガイジミてはいない。
結構ゆっくり好きなだけ見れる。
f:id:gotuteki:20180806155228j:plain
(カバ)
チンパンジーにはあまり興味はないが、チンパンジー館の壁に手書きのかなり大量の掲示物があり、それが面白くて一時間くらいかけて全て読んだ。
医大の四年生と動物園が毎年やっている研究の何年間か各年のまとめのようなものだ。

考えさせられることが多々あった。
彼らは真摯に動物のことを考えているのだろうが、やはり動物園と云うもの自体かなり不自然で、動物の側からみれば倫理的には無理がある。
どうしても、偽善と云う言葉が頭に浮かぶ。
最近偽善者には辟易しているせいかナ……?

それと、ヒトはどこまで動物で、どこまで自然な動物としての倫理を当てはめれるのか?

例えば、何故 虎には安楽殺が許されて、ヒトには本人が望んでさえも 安楽死(この言葉自体偽善だ、本人が注射しない限り、安楽殺ではないか?)は許されないのか?

例えば、本来中間宿主として エキノコックス線虫自体が想定していなかった人間 のうちの誰かA? が 勝手に運んできて、誰か(B)が犬類に蔓延させ、誰かCが勝手に自業自得に寄生されて発病している。とは、

この人間AとBは、共謀してCに被害を与えているわけだ。
悪いのはAとBだが人類としては、自業自得としか言えない。
しかも、殺意があったわけではないから、AB 共に無罪だろう。
なんなんだろう?この、バカバカしさは?

あと刷り込みと、教育とか、母性のいい加減さとか、、、

まぁ、いろいろ考えることのネタを頂いた。

暑かったが、せめて帰りは歩いて帰った。

まず、セコマでビール。
途中キャンプ場に直接いかず、いったん駅まで行ってイオンでビールと食べ物を買って駅で涼しくなるまで飲んで時間を潰し、7時を過ぎてから同じキャンプ場に戻った。
駅まで10キロ、プラスキャンプ場まで2キロ。
f:id:gotuteki:20180806155340j:plain
(トマト6個で200円。安っ)

この日は地元の高校生がバーベキューをやっていてうるさかった。

荷物一式は常に担いでいる。
管理人のいないキャンプ場にフィックスはしておけない。いたとしても、基本毎日撤収設営する方が精神的に楽だ。
これも、ウルトラライトならではだ。

昨晩の暑さで懲りて、遅くまで駅で飲んできたのですぐに寝れた。
夜はさすが北海道。とても涼しい。

08 02 木曜
さて、やはり大雪山は登る気がしないので、思っていたよりかなり早いが帰ることにした。
今回の一番の誤算は、荷物の重さだ。
身体が衰えてしまい、もう、10kgの荷物さえ「空身同然」と云うわけにはいかなくなった。
バスを待たずに10や20km歩くことに躊躇を覚えるとは、堕落もいいところだ。
が、躊躇をおしてまで頑張ればストレスとなる。
迷うなら、楽な方を選ぶべきだ。

で、やめた。帰る。
f:id:gotuteki:20180806155503j:plain
(長万部スーパーで ゆでとうき"み" 北海道産ではないらしい)
f:id:gotuteki:20180806160058j:plain
(森駅から駒ヶ岳)
いったん函館まで行き、函館塩ラーメンを食べて、五稜郭に戻り23:30の青函連絡船にのる。

あ、行きの稚内行き電車で見かけた 贋次元大介がいた。
函館は祭りで狂乱の巷と化していた。
全くついてない。
目星をつけていた何軒かの店は早じまいやらで行けず、駅前の 「しなの」と云うノーマークの店に入ったが、食べログでも四ツ星だし美味しかったから結果オーライ。
塩700+大盛り100。ウマウマ

電車は、すごい混んでる。
五稜郭のフェリー待合所は青森と違い早くから受付をしてくれた。
コンセントも教えてくれて、親切だった。
行きよりも人が多いが、知れたもの。

フェリーでも枕元で充電しながらうとうと寝て行けた。
3:30着

08 03金曜 15日目
本日はヘビーな電車旅の日

青森駅は05:20まで開けてくれずトイレも使えない。
何故か近くにぼろく汚い公衆便所がある。

朝05:41青森発 22:26着予定

青森から埼玉の奥地まで、新潟経由でなく、仙台経由で帰宅。
新潟経由は、越後湯沢~水上間が早くなくなるので復路には使えないから、帰りは1日では無理だと思っていた。

乗車時間 駅探で16時間45 現実には大宮ダッシュでラッキーに21:57?着

はっきり言って、富士山登るよりずーっと、すごい。

11120円だから、18切符5回分11850円をほぼ一回で乗ってしまった感じ。

意外にも、自分一人ではなく四5人はお仲間がいた。
次元大介は仙台で見失った。

北海道のくせに暑い、などとブーたれていたが、埼玉は桁違い、キチガイジミてる。
こんなところで暮らせるかっ、ケッ。

洗濯して、掃除したらすぐでかけるぞ。

~~2018北海道編完~~

兀狄山人記