兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin /Minimal Wild /Ultla Light/ネオBライフ/Hermit

世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

富山~舞鶴、鳥取 【2018夏2-1】【旅】

富山~舞鶴鳥取 【2018夏2-1】【旅】

2018 08月 10日金曜 曇り、雨、晴れ

本日より、顎足(運転手も)宿付き 大名観光旅行。
まずは、富山インターから福井県のはずれ小浜西インターまで高速道路。

ここから、下道を寄り道買い食いしながら走る。

舞鶴港自衛隊の船が多く壮観。
港近くの道の駅は、観光客用の魚屋とイートインが合体した施設。
f:id:gotuteki:20180810234255j:plain
下足串とホタテ串をつまみに小生だけビール。
祭りの屋台並みの味。魚も富山の氷見や生地イクジ港に比べれば見劣りするのでパス。
きっと、地元の方はもっといいものを食べていて、ここには来ないだろう。

しばらく走って、
道の駅ようか但馬藏。
ここは、朝倉山椒 の文字を見て入った。
f:id:gotuteki:20180810234351j:plain
ここは、なかなか良い。
朝倉山椒ソフト は、少し味見をしたが意外にも美味しい。
かなり山椒が強く、チョコのクランチを混ぜて和らげていた。
八鹿ヨウカ豚ソーセージ も、パリッとしてまぁまぁ美味しかった。2本で310円はこの手の場所にしてはリーズナブル。
持参のビールをひとりで2本目。

晴れたり、降ったりのおかしな空模様。

そして、初の、
鳥取砂丘
f:id:gotuteki:20180810234436j:plain
数千匹の駱駝ラクダが群れて、ラッキョウを食べていた……

んな、わけはない。

思ったよりショボかった、このあたりから、空きっ腹にビールの後遺症で、だんだん気持ち悪くなってきた。

食べたい店もネットで見つからなかったので、
砂丘のすぐ近くのスーパーマーケットで寿司だのフライドチキンだの葡萄、サラダ、スパークリングワイン等を仕込んでおとなり倉吉市のビジネスホテルにチェックイン。

小生は、しばらく休んで回復してから、酒抜きで腹だけみたした。

と、云うわけで、しばらくは観光と道草、買い食いの旅の予定。

つづく、、、