兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin /Minimal Wild /Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/Pilgrim

世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

ネットカフェとアーバン野宿 【旅 雑】

ネットカフェとアーバン野宿 【旅 雑】
f:id:gotuteki:20190321002336j:plain
(道の駅・長野県)
f:id:gotuteki:20190321002526j:plain
(休憩舎・都下御存知)

-------

青春18きっぷと快活CLUBで日本縦断は可能か』

http://nenjin.hatenablog.com/entry/2019/03/19/094721

と云う、全く誰かさんのような記事(エントリーと云うらしい)がGoogle先生からリコメンドされていた。

Google先生、ひとの腹を見る(笑)

----------

ネットカフェを快活に限定するのは縛りすぎだとは思うが、まぁ参考にはなる。

こちらは、実体験でなく机上のおはなしらしい。

で、快活縛りをなくして大手の、自遊空間アプレシオ、ポパイ、さらに地域性の高いコミックバスター等にも広げれば、ネットカフェで日本縦断だろうが一周だろうが可能だとは思う。

が普通(鉄道マニアでもない限り)、縦断それ自体が目的ではなく、お目当ての目的地(神社、城、遺跡、食べ物屋、景観、山、滝……)があるだろうからそこかそこの近くにネットカフェがないとあまり意味がない。

都道府県庁所在地巡りの旅とかなら問題は少ない。
山の場合も、バスターミナルは大抵大都市だし入ってしまえば野宿なのであまり問題はない。

が、その他の場合、例えば
🌕寺社仏閣遺跡城街道歩き巡礼等はネットカフェでは難しい。

と云うわけで、
ネットカフェと
『アーバン野宿』の技法(大袈裟?!)の両刀を使えば事はかなり自由度を高める。

(さらに、青春18切符と格安高速バスの組み合わせもわりと有効だろう。
昼観光して夜帰る。とか。昼夜突き進むとか、、、)

 --------
今回九州で使ったネットカフェは、
・岩国(計画のみ、快活)→別府(自遊)→小倉(快活)→鹿児島(地元の遊楽館)→東福山(快活) である。

去年の春の出雲伊勢では、
・広島(快活)→出雲(快活)→松江(快活)→伊勢(自遊)

吉野古道では、
・大和新庄(快活)→登山避難小屋、野宿→志紀(快活) 

北海道では、
・キャンプのみ12泊連絡船2泊、ネットカフェ出番無し。 

最安値は、東福山の1234円ナイト8時間pack。
最高値は、湯楽館の2200円12時間pack(温泉付きだから実際は一番安い)
自遊空間はナイト9と12時間があるので助かる。
快活は、ナイトは8時間なのでやや短すぎる。

で、快活の割合が大きい。
小生はまだ大手では、快活と自遊しか使ったことがない。

ネットカフェの最大の利点は、安いことでは無く、
🔴予約が要らないこと。そして、満席で入れないことはまず(個人的には一度も)無いこと。

⭕地味に有り難いのが、カブセルと違って『立てること』、洗濯物が干せること。

これは、本当に助かる。

プライバシーの話なら、相部屋や、涸沢とか尾瀬のテント場よりはずっとまし。
-------

で、アーバン野宿、と書いたのは、山や川原など人のいないワイルドな場所での野宿と人里での野宿、例えば道の駅などは(似た点もなくはないが……)全く違うので別に考えるからだ。
各種(火や排泄など)違法性に対する配慮も厳しいし、リスクの種類も違う。

……だから、1500~2000円ですむのならネットカフェが楽で、あるならわざわざ野宿することも無い、と思う。……
山の野宿みたいに『すっごく楽しい』わけではないし……

個人的には、野山の野宿の技法はほぼ確立しているのだが、アーバン野宿の方はまだまだ経験も少なく開発の余地があるのでまだこれから……。

ま、今年はそのあたりをボチボチ、、