兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Minimal Wild /Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/Pilgrim ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

2019夏の旅1-2 陸奥のウルトラライト山旅2 八甲田山大岳 【山 旅】

2019夏の旅1-2 陸奥のウルトラライト山旅2 八甲田山大岳 【山 旅】


0721日曜 晴れ0%
よく眠れない。酒が残っている二時間以上風呂に入った。
f:id:gotuteki:20190722231706j:plain
JR190青森駅へ 駅ソバ青さソバ¥430 ファミマ¥478
みずうみ号酸ヶ湯温泉07:45 08:15 ⭕09:55 11:25
¥1340
f:id:gotuteki:20190722231649j:plain
青森駅のそばにはたっぷり青さがのっていた。やや味が濃い。
なんと、バスは新青森駅を通る!バカだ。
風呂でつかれたのかやや調子悪いのに、コースタイムの70%切っている。地図がおかしいのか。
すごい快晴。暑い。人はロープウェイから周回か、ロープウェイ酸ヶ湯温泉へ降りる人が9割、酸ヶ湯温泉から仙人タイ経由で登ってくる人1割。
f:id:gotuteki:20190723053915j:plain
f:id:gotuteki:20190723053937j:plain
(大岳鞍部避難小屋)
逆回りはたぶん自分一人。
アン部避難小屋には水場がないので、
酸ヶ湯→毛無タイ→アン部避難小屋→頂上→仙人タイ避難小屋 だと、水を持たないでいいし、あとは1時間おりるだけなので、快晴の時に頂上を踏んでおきたい。
もし、仙人タイがいまいちなら酸ヶ湯のテン場に降りればいい。
せっかくだが、風呂はもういい。
それなりに人はいたが、200人までは出会っていないくらいの数。
このくらいなら許せる。
しかも、頂上ではソロのおじさんと二人だけ。
f:id:gotuteki:20190722233346j:plain
f:id:gotuteki:20190723054721j:plain
これが、普通の山だよ。
青森の街や湾が近くに見える。

ロープウェイから頂上、毛無タイはもうチトウも枯れて花も終わっていてワタスゲくらいでまったく殺風景だった、それが下りはじめると雪渓も残って花がみられ始めた。
仙人タイまで来ると、(たぶん)チングルマの白、イワカガミの赤、黄色い花など咲き乱れていた。
雪渓から沢が流れ、水も豊富。
f:id:gotuteki:20190723054029j:plain
f:id:gotuteki:20190723054112j:plain
ただし、水場のマスはやや気持ち悪かったので、冷たい沢の雪解け水を濾過して飲んだ。
f:id:gotuteki:20190722233535j:plain
f:id:gotuteki:20190722233644j:plain
隊長がかって閉じ込められたという仙人タイ避難小屋は古いがよく手入れをされていて素晴らしい。
しかも、自分一人!!
まだ、15時だけど泊まることにした。
f:id:gotuteki:20190723054518j:plain
本日は軽くノンで、新兵器の中華バグビビイで寝る。
f:id:gotuteki:20190722233126j:plain
f:id:gotuteki:20190723054552j:plain
f:id:gotuteki:20190723054621j:plain
山はやはり東北だな。……異常な人混みでさえなければ、やはり山は良い。……本当に最近の関東甲信越の山は異常だよ。