兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Minimal Wild /Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/Pilgrim ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

噂のワークマン、ソフトシェルを買った。【追記】 ,,20191117

噂のワークマン、ソフトシェルを買った。【追記】 ,,20191117

京都の覚え書きはめんどうでまだ書いてない。忘れてしまいそうだ。

京から戻って奥武蔵も晴れが続き、毎日散歩。

さて、昨日近所のワークマンにて、噂のソフトシェル購入。
帰宅後、用もなくお泊まり装備(笑)にて試験散歩。

f:id:gotuteki:20191117103938j:plain
(高麗峠。バカっぽいなぁ↑)

 ○ ○ ○

ソフトシェルは着たことがない。
そいつ一枚で、防寒、防風、撥水なので楽は楽だが、逆を云うと脱ぐか、着るかで細かい温度調整ができない。

なるべく汗をかきたくない横着者には今一つ購買意欲が湧かない。
衣服の組み合わせと、運動量で汗を最低限にすれば身体の汚れも、疲労も、服の洗濯もダメージも最小限ですむ。

もし、ソフトシェルを買うならば、デザインは悪いがmont-bellのサイクライムジャケットを買うつもりだ。
背中の生地が前と別で、防風フィルムが入っていないから蒸れが少ないはず。

UNIQLOのは、mont-bellの半額くらいで信用性とはかると微妙に高い。
しかも、すごく重く、とりまわしも悪い。
勿論、山用の細かい配慮もない。
問題の蒸れは着てみなければわからない。
故に、躊躇。

○ ○ ○

ワークマンのシンプルなソフトシェルは2種類あった。
2900円と、 1900円。
どちらにしても、アホみたいな値段だが1900の方を購入。
こちらのほうが、生地が薄く、柔らかく、着て余裕がありとりまわしもよかった。
2900の方が暖かく、撥水性能が良いらしく、重く丈夫で、不思議な形のジッパーpocketがついていた。
が、腕がまわりにくい。
どちらも驚くほどのびる。が、ポリウレタンでは無いらしい。ま、なんでもいい。
安いから思いきって「白」💦……夜道の安全の為。。

さて、ヒートテックの上にこいつを羽織ってお散歩。

荷物は2.5㎏。
飯能警察から宮沢湖、メッツァの八百屋には地の物は里芋だけ。

ダムの上のコスモスはほとんど刈られていた。
正面にでかく大岳がみえる。
f:id:gotuteki:20191117104100j:plain
からゴルフ場まわりを高麗峠、
富士見峠からはうすく富士山が見えた。
DAISO等で買い物して帰宅。

○ ○ ○

やはり、かなり蒸れる。そして暖かい。
ワークマンだからか??そう云う物なのか??
フリースまたは化繊綿とウインドブレーカーの組み合わせの方が汗のコントロールは効く。
それと、下がヒートテック一枚だから胸元が冷える。
みっともないが、ロングタオルかなんかを巻かなきゃ喉をやられそうだ。
が、ともかくしかし、一枚さっと羽織ればお出掛けできるのは大変楽チン。

結論。発汗の少ないお散歩なら ワークマン、ソフトシェルでオッケー。

以上。

さあ、これから散歩に出掛けよう。

━━━━━━━━━
P.S.
本日、トウノス山にウエストバッグでさっと往復してみたが、やはり蒸れる。
山なら日帰りオンリー。せめて、背中のフィルムとフリースを剥がせれば使い道が広がるのだが……。

ゴアのストームクルーザーと変わらない。
利点は、やわらかくのびる着心地と、休憩時の暖かさ。……価格は別として。  
欠点は勿論、雨対策にはならないので、雨具は持たなくてはいけないから総合的には重くなる点。
まぁ、晴れた日の日帰りなら、保険に100グラム足らずのビニール合羽だけ持つので問題にはならない。

スカイツリーも富士山もはっきり見えていた。
まだ、どこにも雪らしき様子は見えなかった。
人は多いが、日曜だからしかたない。
天覧山からの広場のベンチが作り替えとかで無くなっていた。
f:id:gotuteki:20191117144031j:plain