兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/ ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 備忘録

福寿草 【雑】

福寿草 【雑】

別れ来て 冬終わるらし 福寿草 
f:id:gotuteki:20190302063723j:plain
ふと、福寿草が咲いていた。
この道は、一週間ぶりくらいなのか。
299本線からバイパスに少し入った下り側にある農地の隅。
農家さんが一角に福寿草を植えていて、毎年この時期見ることができる。

同じ時期に咲く梅は、
「春が来たな、、」と、感じるのに
福寿草は、
「冬が終わったな、、、」と、云う気がする。

戯れに、駄句など浮かんだ。

どこにでも咲く花なのだろうが、小生にとって福寿草秩父路を強く想わせる。

新豐水橋の方面に少し歩くと、入間川を見下ろす路側に梅が咲いていた。
f:id:gotuteki:20190302063829j:plain
春が来た。

昔は然程でもなかったが、歳をとると冬には何も良いことは無い。嫌な季節でしかない。
荷を選び、軽々としたパッキングをした。

言葉通りの意味で、
旅立ちの季節がやっと来た。