兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/ ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 備忘録

青春切符と高速バスの比較 ,,20200115

青春切符と高速バスの比較 ,,20200115
f:id:gotuteki:20200115181110j:plain
結論から言うと、
金と時間から云うならば青春切符の有利な旅のパターンは意外に多くない。
とは云うものの、JRにはJR独自の自由と云う代えがたいメリットがあるので、
利用期間はなるべく青春切符を軸に旅の案を練ってみて、ケースバイケースで運用すべき。

ご存知かもしれないが高速バスは、ものすごく安く使いやすくなっている。
青春切符の使えない期間はバスを軸に旅をすればいい。

旅を青春切符と高速バスを使うゲームにすればかなり頭を使って面白くできる。

JRで夜つくか、バスで朝着くかによって宿の選択も変わる。
いきなり呑んで寝るだけか、早く宿に入ってゆっくり温泉に入るか、翌日山か、朝から美術館か、旧跡街歩きか、、、

駅探、高速バスナビ、楽天トラベルで旅は劇的に安く自由になる。

あ、LCCねー、、、
今後勉強します。。。、。、

―――――――

青春切符をたいしてハードに使ってもいないひ弱な方の情報や、鉄道ファンの偏った利用法の情報しか流布していない気がする。

青春切符を2年で6組、普通の?旅行の手段として使ってみて、ほぼ使い方得手不得手がわかったので、まとめる。

ただし、
・時間の余裕がない人、
・たかだか15時間やそこら座っているだけのことくらいで大騒ぎする低体力の人
は対象外とする。
多忙なやんごとなき方は無視。

アジアやアフリカの人々の旅行に比べれば日本の普通列車など天国ではないか?。

□さて、青春切符の利用価値の高いケース

【1】超長距離
JRの普通料金で一万円をこす距離の街。

我が家東飯能駅からだと始発から乗ると、

北は青森(2回乗った)
2日で旭川まで行ける。道内は遅い。
西は、岩国。(6回)
2日で事実上(宿の有る街)、鹿児島(2回)まで行ける。

【2】高速バスの停まる街から離れた駅
例えば、紀伊半島新宮、紀伊田辺とか山陰、三陸

【3】現地で体力の必要な行動を行う場合。
夜行バスだと1日目はヘロヘロで登山などはやっても楽しくない。
結局、宿に早く入って寝てしまが、ネットカフェは遅く入らなくてはならない。
青春切符だと、着いた日には呑むくらいしか出来ないので、必ず(飲み過ぎなければ)2日目は元気いっぱい。
登山には、前夜入りがベスト。

【4】景色が楽しめる
【5】兎に角、自由。
あ、これか第一だな、、、
期間中なら予約なし。天気や気が変わったら中止も途中下車・進路変更もなんでも自由。遅く起きても神戸までなら行ける。
時間が許せば途中下車して街歩きや現地B級グルメを食べれる。名古屋、仙台、姫路など(京阪神はせっかく座った新快速を降りたくないのでNG)

【6】トイレの心配が少ない。
これは大きい

【7】輪行可能
だけど、なかなかハートが強くないと出来ないので、小生はまだ出来ていない。
はたから見てるとかなり迷惑。

特に、東海道線は乗り換えも多く混むので無理。
つまり、関西方面は難しい、、、ミニベロならオッケー🙆

【8】せまっ苦しくない
実は、トイレとこれが一番バスの苦手な理由。

んー、あとは何だっけ??
―――――――
f:id:gotuteki:20200115181143j:plain
逆に金だけから云うと、青春切符が不得意で高速バスの有利なケースは実は多い。

高速バスの有利なケース。
【一】3月、7~8月、12月以外。
そもそも、青春切符は乗れない。

【二】高速バスが多数あり安い都市。

ズバリ京阪神
ここらはサウナ付カプセル泊なので早く入ってサウナ三昧。

中距離の名古屋、仙台は微妙だからケースバイケース。
ここらで青春切符は、余り券とか特殊事情以外は使わないと思う。

【三】【二】と重なるが、JRが第3セクター化して新幹線だけになってしまった都市とその近く。

地元の代替え交通としてバスが増えて価格が下がった。
金沢、富山、盛岡(途中の水沢花巻等)、山形、青森など。
ただし、金沢は関西方面からなら青春切符大活躍。博多から1日でこれた。

例えばあいの風とやま鉄道や、ひすい鉄道の半端な駅はは富山までバスで行って第3セクタに乗った方が有利な場合も多い。

【四】バスだと宿代を無駄に使わない。
【3】のメリットの逆の側面である。
青春切符は昼間の時間を目一杯使うので、景色を楽しむには良いが、必ず1日目と帰宅前に無駄に1泊しなければならない。

当然、時間もかかるがそれを無駄と言うかどうか…?。

裏技的に、行きは青春切符で帰宅はうまく高速バスがその日とれたなら利用価値大。

――――――――
ケーススタディ
【A】神戸 バス2000円
201911月の神戸六甲登山
新宿まで500から三宮バス1500 ¥2000
で、青春切符があったとしてもより安い。

【B】富山 バス3000円
いつもだいたい2500円以下、利用した最安値は1700円(各西武線プラス500円)

青春切符なら高山回りは可能だが約17時間。いつも慣れていて比較的楽な大糸線回りを使う第3セクターが1550円で青春切符2410とで約4000円
まぁ、松本まわりは景色が好きなのでよく使うが、やはり高いと感じる。

【C】青森、弘前 バス5000円
これも登山の帰りJR待ちだけのために泊まるのもなんだなーと、帰りだけバスを使った。バス4500 西武線500。
青春切符なら2410円だが、地方は泊まりがわりと高いのでネットカフェしか選択肢が無い。しかも、翌日の食費もかかるしどうせ夜は飲んでしまう、、、宿ご2000円としても、5000円ではすまない。
もう、やることはやった感があったし。

【福岡と鹿児島】
これは、チョッと複雑。
高速バスで新宿福岡直通の場合と、
新宿大阪便と乗り換えで大阪福岡便の場合、
そして青春切符の各々、福岡までと鹿児島までの比較。

結論
福岡までなら、バス大阪乗り換えもあり。
鹿児島までなら、青春切符一択。

○まず高速バスの最低価格
東京~福岡1月7500円 ,2月8500円

東京~大阪   1500             2500
大阪~福岡   2300    3800
東京,大阪経由福岡3800         6300
直通便との差額 ¥3700         ¥2200

福岡~鹿児島 ¥2900

※小生の場合、新宿まで500

○直通便福岡 1月8000 /2月9000

○直通便福岡乗り換え鹿児島 10900/11900
1日目夜20発、2日目昼12時着

○大阪乗り換えで福岡まで4300/6800
1日目深夜発、2日目夜発、3日目早朝着

○大阪と福岡乗り換え鹿児島まで7200/9700 〃(鹿児島便は昼同額)
1日目深夜発、2日目夜大阪発、3日目早朝福岡着、3日目午後鹿児島着

○青春切符福岡まで
2枚と大阪泊¥1500として2410×2+1500=6320円
1日目早朝発2日目夜着

○鹿児島まで同じく2枚1泊。岩国~岡山泊¥2000として、6820円
1日目早朝発2日目深夜着

そもそも、青春切符は1月2月は使えないし、2月3月のバス価格はまだ高いものしか出ていないのかもしれないので比較がナンセンスだが、仮にバスの1月価格と比較すると

福岡までだと、
青春切符/バス大阪乗り換え/バス直通
6320/4300/8000
となり、バス大阪乗り換えが断然安い。

鹿児島までだと、
6820/7200/10900
青春切符が安い。
バス大阪と福岡乗り換えも料金は大して変わらないが、時間もかかるしかなり疲れる。
ただし、福岡や大阪で遊ぶつもりならかえって便利で安くなる。
青春切符なら乗り継ぎだけの利便性で広島あたりに泊まるしか選択肢が無い。
ま、遊び方次第かな?

さて、福岡直通便だが、一度乗ってみたい気もするが小生にとってメリットは感じられない。

ま、こんなところ。