兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Minimal Wild /Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/Pilgrim ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 無頼の忘備録

ツェルト型常用シェルターの試案 ,,200701

ツェルト型常用シェルターの試案 ,,200701

当然軽くなれば何かを犠牲にするわけで、軽量化は何をどこまで犠牲にできるか?と、云う自問自答になる。
(価格はとりあえず置いておく。)

――――――
しかしながら、さりながら、犠牲は少なく、利益は多くあればそれに越したことはない。
そこに工夫妄想の妙がある。

まず、前提条件として、典型的な機能対重量の指標をあげておく。

ビバーク用シェルター 250g
良いところは無し。生存の為の最低限。
  <
③ストック代用・ツェルトの常用 500g
大雨対策無し、耐風性弱い、防虫対策無し(弱)、耐暑無し、結露多い、設営難  ⇔ やや寒さツヨイ(狭いのて)、撤収楽
  <
◯ ❓ 本稿思案の 改良型ツェルト
  <
②専用ポール・自立型シェルター 750g
結露多い、やや寒い(強制換気)
⇔ 耐大雨、防虫、耐風性、設営撤収早い
  <
◯2レイヤーテント 1000g~
(上記は特殊の製品。一般には1200グラム以上)
暑い ⇔ それ以外は(比較すると)完璧

――――――――――
と、云うわけでやっと主題。

③ストック代用・ツェルトの常用 500g
のツェルトを少し改造して大幅に使いやすく出来るのではないか?

と、云うよりも、何故に本来雪山用のツェルトをそのまま夏の野営に使うのか??

具体的な改良点
◎入り口下のスナップをジッパーにする。
⇒大雨対策、地面からの有害生物対策

◯空気口にバグネットを張る(無い製品には) 
⇒虫対策

◎一面のジッパー付き網戸
⇒抜本的虫対策、夏の暑さ対策、湿度対策

◎入り口下を立ち上げてバスタブにする。
⇒大雨対策

◎床を閉じて防水(不要な部分はカット)
⇒雨対策

と、ここまでやれば
自立型ドームシェルターと比べて劣るのはほぼ
・耐風性
だけかな?

逆に利点は
・夏の暑さをしのげる。

実は、日本のテントは夏に弱い。
重たいアライテントのカヤライズは別にして、トレックライズくらいしかまともに暑さ対策は考えられていないのではないか?

とそれはおいといて、話は変わる。

ツェルトにもともとある汎用性。
これは、底割れと入り口下を縫ったので自由度はほぼ無くなる。
が、そもそも常用テントなのだから当たり前ではある。
自由求めるならタープにしなさい。

あとは、どの程度軽くできるか?、、だ。

基本的に重くなるのは、ほぼ二重になるネットの扉で、底は重なりを切り取るので他とほぼ相殺されるのではないかと考えている。

具体的にベースには、オクトスのツェルトlongを使って

・両側の入り口は一方はつぶして、網戸のはめ殺しにしてしまう。

生かす入り口は、網戸のジッパー付き二重ドアにするか、網戸無しで入り口自体をバスタブ分上げてジッパーをつけるか、思案。

これでも、残る入り口側の空気口と逆側の全面網戸でかなり空気は流れるはず。

重さは+50グラムで収まるのではないか?
もし、可能ならば 本体430グラム

ステイク48グラムとローブ30グラムを付加して

【500グラム】 になる。

手持ちのドームシェルターは750グラムなので、
250グラムの軽量化になる。

→これはシュラフならば、10℃くらい保温力アップに相当するのでは?!!

以上、妄想より少しばかり具体的な思いつきまで。。。。


………… 独り言……

来年は還暦。そろそろ、禁じ手のダブルストックも考えて良い歳になる。
……… どうせ、ダブルストックなら、有効利用したい。
ならは、嫌いだったツェルトを、嫌いな点を改造して使ってみるのも一興。
と、思った次第。

以上。。。

―――備考:読まなくても可―――――――

ビバーク用シェルターの許容重量
完全にビバーク用、泊まらない可能性大のシェルター の許容重量250グラムまで
アライテント240g, ツェルト1 230g

休憩、簡易雨具等付加価値有りで、
許容重量350グラムまで

この場合ステイクローブを持参すると更に+重量になるので、
ポールを樹や枝で代用したり、ステイクでなく細引を利用したり工夫することになる。
最低、下穴開け用のネイルステイク1本8gと細引10メートル程(20g)は同梱して常備するべきか。

②自立型シェルター(ドームシェルター)
の重量
ポール込みで、
最軽量(ヘリテイジのf )540グラム
(ただし、750×2000なので、シュラフカバー無いと濡れる)+ステイク4本g32=572g

所有の旧mont-bellドーム1(1000×2000) 720グラム+32=752g


ファイントラックツェルトロング360
ステイク8*8=64
ロープ9メートル=28
シート ヒートシートー70センチ 40グラム
計492g

―――――――


ツェルトは軽いか? ,,200628

ツェルトは軽いか? ,,200628

ファイントラックのツェルト1のハイカーズデポカスタムバージョンが発売された。
オリジナルとの違いは、色とセンターにループがついたことと、入り口がダブルジッパーになったこと。

https://hikersdepot.jp/products/10237.html/
何故に、虫のたかる黄色にして、モスグリーンにしないのだろう??

ダブルジッパーの上から顔を出してポンチョにもなるとか書いてあるが、腰までしかないし、うでは出ないし、後に大量の布を引きずるので、休憩中くらいにしか使えないだろう。
(ほぼ同サイズのソロシェルターで試してみたことがある。緊急時には有効だが、ツェルト持参で雨具無いってことはほぼほぼ絶対に考えられない(笑)。)

オクトスも新製品出ていた。
昔のも並列発売らしい。
高くなって、少し軽くなって、丈夫になったらしい。
f:id:gotuteki:20200628022943j:plain
(メーカーhpより)

話をもどす。
ツェルトは軽いか?、です。

結論

『無雪期ならば、ダブルでトレッキングポールを持つひとにとってさえも、ツェルトに重量的メリットは無い』

『安心と楽さなら自立シェルター。
自然との一体感ならタープかフロアレス。
ツェルトは雪山のみ。』

例:まず、そこら中で見かけるツェルト2longで見てみる。

ファイントラックツェルトロング360
ステイク8*8=64
ロープ9メートル=28
ポール2本 170
シート ヒートシートー70センチ 40グラム
計662g

ちなみに、小生所持のモノポールシェルター
と比較する、
GWC310,  ヒートシート(70*210)40,   ステイク*6=48  ポール85g(参考)
計483g   

想定した付属品:
チタンビンステイク8g/本   ,ダイニーマ芯2.5mmロープ3.1g/m  , ヘリテイジツェルトポール85g/95cm

と、なんと200gも差がある。

ポールを無視しても、
ツェルト2   492g
GWC 398g
と、100gも重い。

耐候性に差があるから単純に比べられないが、タープポンチョならもっと差は広がる。
GWCとツェルトはほぼ耐候性は同じくらい。
設置撤収はGWC が断然早い。
居住性もはるかに優れている。
結露は地面に流れるので気にならない。
川になるくらいなら同じこと。

短所は風が入るので寒い点と、虫が入りやすい点くらいか。

更に、ゲートウッドケイプやタープポンチョは低山樹林でなら雨具兼用に出来るから割りきれる旅なら更に2~300g軽量化できる。

――――――――

ツェルト1で比べてみる。

その前に、、まず、ツェルト1の場合クソ狭い(気が変になりそうなくらい狭い)ので結露で全方向的にべちゃべちゃになる。
シュラフカバー(ビビィ)かフライ(タープ)が必須。

ファイントラックツェルトⅠ 230   ステイク*8=64 ロープ*9=28  シュラフカバー150 柱2本170 計642g

と、そのわりに重さはたいしてかわらない。
ツェルト2から1にするメリットは、

設置場所の自由度+暖かさ,ビビイ単体利用可能
をとるか、
居住性 
をとるか、の問題になる。、

ジジイの繰り言:

昔ツェルトを使っていたが、この狭さ、べちゃべちゃさは尋常ではないよ。
それでも、昔の2㎏近いテントに比べれば、イスカの緑のツェルトが600gゴアのシュラフカバーが450gで合わせても1㎏近く軽くなったので耐えた。
ポールは、昔から1本持ちなので、もう1本は枝を使う。

――――――――
余談:
600gを切る自立シェルターが出ている昨今、ツェルトを持つ意味は『価格以外』無くなってきた。

タープやフロアレスは、自然との一体感を楽しむものなので、そもそも動機が全く違う。

ツェルトは、軽く、安く、全方位閉じている安心感がメリットだろうが、その代わり耐候性居住性設営の手間などかなり多くの犠牲をはらう。
軽さのメリットが無くなった昨今、ド高いファイントラックのツェルトを買う意味が小生にはわからない。

小生なら、コスパ良いオクトスか、狭いが軽さに吹っ切ったソロシェルターとか、はたまた狭い以外は良いとこ取りのLE シェルターとか、安さに吹っ切ったアライテント、、、、
とにかく、冬山やらないならファイントラックは無い。高過ぎる(しつこいよ。)

蛇足:

基本的かつ元来、ツェルトは雪山でのビバーク用に作られたと思われる。

それを
『無雪期に、ビバークでなく常用』

する流行を作ったのは、当然ULの伝道師
三鷹のハイカーズデポの
ファイントラック、ツェルト2longからだ。

それにしても、驚くほどにこれはうけて、UL 系シェルターのかなりがツェルト2longではないか?と云うくらい、よく見る。

軽量自立シェルターはむしろ、ツーリング勢の方に人気なようだ。

欧米メーカーでは非自立フロア有りシェルター(1or2レイヤー)をよく見る。
テラノバのキューベンの透け透け懐かしい。

対して、我が国でのテント事情は護送船団宜しく完全にドーム型自立ばかりで、ULらしい非自立フロア有りシェルターは珍しい。

mont-bellのULモノフレームシェルターやアライテントのビビィシェルター以外では、 Shelt↓ くらいではないか?
https://fujitajimusho.wixsite.com/shelt/about
何れにしてもワンレイヤーだ。

さらに、UL本来の王道タープは自分以外ほとんど見たこともない。
勿論、フロアレスやタープ派は沢や森で人知れず張っているのでお互いにわからないだけなのだろうけど、、、

若いうちは、普通のテントが1番良い。
シェルターは、テントを買ったあとの話。
当たり前のことだが、、、

ヘリテイジの新しい f ドーム欲しい。。。540g。。。手持ちのULドームより180gも軽いと、流石に工夫ではどうしようもない、、、

f:id:gotuteki:20200628015539j:plain
https://heritage.co.jp/Gears/COD_2G.htmlより