兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/ ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 備忘録

2020 薩摩行3―開聞岳、枕崎― ,,202003/0

2020 薩摩行3―開聞岳、枕崎― ,,202003+

山川で乗り換えて、開聞駅
f:id:gotuteki:20200320174159j:plain
ホームは土を盛り上げただけ。
開聞岳がデカイ。
f:id:gotuteki:20200320174302j:plain

さ、開聞岳
人がいないので、この時点ではご機嫌だった。……。

荷が重いので盗られていい食料だけわきの林に、隠しておく。
f:id:gotuteki:20200320174356j:plain

5号目に泊まったらしいモサ。下にあったボロいチャリだろう。
f:id:gotuteki:20200320174422j:plain
f:id:gotuteki:20200320174502j:plain

手前に佐多岬、奥が種子島
f:id:gotuteki:20200320174445j:plain

行者の洞窟
f:id:gotuteki:20200320174902j:plain

八合目から岩っぽくなり、九合目からやや険しくなるが、全然大丈夫。
予想とは違い頂上まで樹林があり、風雨の影響受けない。手を使う岩場もなく危険は無い。
……とは云っても900メートルの一気の登りだから足にはくる。
f:id:gotuteki:20200320191156j:plain
頂上。他にはおじさん一人だけ。
テントは無理だがビビィなら余裕で泊まれるくらい。
f:id:gotuteki:20200320174536j:plain
f:id:gotuteki:20200320174548j:plain

下る。続々人とすれ違う。
始発で来てよかった。
犬連れやら、JK団体までいる。

目の前で電車に間に合わなかった。
コーラなんか買ってるからだ。バカっ。
珍しいパターン。
2時間待ち。
f:id:gotuteki:20200320174605j:plain
(やっときたぜ)

枕崎駅。なんと終点なのに無人駅。
f:id:gotuteki:20200320174738j:plain

ひとけの無い沿線から突然、枕崎は活気がある。
驚いたことに飲食店も多く、商店店もきれいだ。
最近の港町とは思えない。
やはり、金が落ちれば手もまわるのだろう。

駅前にタイヨー。
f:id:gotuteki:20200320174648j:plain
いきなり駅前のテーブルで鳥刺し、1年ぶりのタイヨーのブランド鳥刺し(!)「ネッカリッチ味鶏」と、生食用かたまりも半額。
f:id:gotuteki:20200320191643j:plain
f:id:gotuteki:20200320174633j:plain
黒豚も美味そうで安い。

駅前銭湯はあきらめて、早めにキャンプ地へ。

港から目的地の立神岩が見える。
火之神公園キャンプ場。
f:id:gotuteki:20200320174757j:plain
荒んだ廃屋が、続く道を岬に曲がると突然立神岩とアズマヤが見える、間もなく公園につく。
f:id:gotuteki:20200320183246j:plain
なんとも凄い。素晴らしすぎる。

他にテントは2張りだけ。

夜、雨の予報なのでアズマヤに撥水(非防水)ビビィだけ敷く。
f:id:gotuteki:20200320175007j:plain

で、また鳥刺しとビール。
小生、凝り性のようだ。
f:id:gotuteki:20200320175132j:plain
塊は生では半分は食べきれなかったのでチャンポン(の煮たの)に入れて軽く火を通した。
f:id:gotuteki:20200320175119j:plain

18時過ぎには寝たらしい。