兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/ ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 備忘録

2020 豊後別府行9at Last ― 別府6/8湯 ― ,,20200329  

2020 豊後別府行9at Last ― 別府6/8湯 ― ,,20200329
 
結果として最終日になった、この駄文もLast Waltz。

03  24  晴れ

・柴石シバセキ温泉
f:id:gotuteki:20200329125225j:plain
バックパックの不要なものを抜いて歩き始める。やっといつものUL ウルトラライト。
米まだ2合あるしー、漬物、粉末飲料、調味料等々いっぱい残ってる。下界は自炊率低い。

ここを含め駅周辺の別府温泉(別府八湯のうちの一地区としての名称)はいくつも入っている、明礬温泉は去年野湯三ヶ所入った、鉄輪温泉も三蔵と来たとき入った、昨日は亀川温泉二ヵ所入った。よって既に4/8。

で、本日は柴石温泉を目指す。亀川の上、鉄輪の山1つ越えて東。
ここに来るまでいくつかの温泉は観光客NGのところが多い。
f:id:gotuteki:20200329125501j:plain
f:id:gotuteki:20200329125542j:plain
(湯の川温泉、観光客ダメ)

上ったり下ったりトンネル抜けたりしてたどり着くと意外や意外、立派な市営の温泉。
f:id:gotuteki:20200329125943j:plain
f:id:gotuteki:20200329125354j:plain
220円。ここは良い~。
ワビサビぼろ湯レア物好きには向かないけど、普通の温泉としては公営では一番良いのではないか?
(熱の湯は、ぼろ湯ジャンル)

内湯がぬる湯と熱湯、そとにぬるい露天と蒸し風呂。
鉄輪温泉の蒸し湯は専門の施設だが、ここなら空いてるし、ついでに入れる。
蒸し湯とは、熱湯の温泉の上に床が丸竹を組んだ小屋を乗せた、謂わば料理用蒸し器の巨大版だ。
スチームサウナだが下から蒸されるので根本的に気持ち良さが違う。
これは効きそうだ。温泉成分が喉や肺や足の裏?から入ってくる。気持ちいい。

この温泉の問題点。
内湯に洗い場が5つしかなく、他にシャワーも水道カランも無い。
つまり、「蒸し風呂のあと水を浴びることが出来ない」。
上がるときも同様。洗い場の空くのを待たなければならない。
……どう云う思想なのか??

あと市営温泉定番の、コインロッカーは100円戻らない式だが、靴のロッカーは10円戻る式。

小生はスマホと財布、身分証を靴に入れてしまってコインロッカーは使わない方式にしている。
少し臭い??

本当はここだけでゆっくりした方がいいのだが、アホなことをしてるのでこの日はまだまだ先がある。
それでも数セット蒸し湯に入って一時間ほどで上がる。
クールダウンしてから、鉄輪温泉を見下ろす鉄輪温泉東バス停まで戻る。
f:id:gotuteki:20200329125335j:plain
(鉄輪温泉見下ろす)

・鉄輪温泉
f:id:gotuteki:20200329130941j:plain
(こんなキンキラの宿に泊まりたい?中国人向け??)

別府最大かつ有名な地獄巡りが煙をはく鉄輪温泉に徒歩専用急坂を降りて行くとすぐに有名な無料の「熱の湯」がある。
f:id:gotuteki:20200329125705j:plain
有名なのでメジャー嫌いな小生、パスするつもりだったが、案に相違してこじんまりした由緒正しいボロ湯だったし、観光客らしき人がいなかったので入れてもらうことにした。

はじめてジモティーおじいさんに「どこから」か聞かれた。

ここは熱くて時間をつぶしようがなかったので、わりと慌ただしく入って出た。

向かいの駐車場のベンチで休憩。

蒸し湯広場の一遍上人の肝臓あたりに湯をかけておいた。
悪いところにかけると良いらしい。
口とチンチンにもかけておけばよかった。
f:id:gotuteki:20200329125726j:plain

・堀田温泉
f:id:gotuteki:20200329125749j:plain
堀田温泉までは意外に歩く。
立派な地獄地区公園の前を通り、
明礬温泉や野湯方面への分岐のコンビニ越え、自衛隊こえて、高速を跨いで
f:id:gotuteki:20200329130015j:plain
堀田三叉路を左折殺風景な道路沿いにあった。
市営同士、柴石温泉と似た作りだが内容は今一つ。
内湯ひとつに露天ひとつ。
料金もロッカーも同じシステムなので入り口の靴ロッカーに貴重品はいれた。
露天はぬるくやや汚い。

・観海寺温泉

出て、道路くぐるとすぐに観海寺地区。

俗悪(失礼)な杉野ホテルの裏の右手あたりになる。
観海寺と云えば夜目にも目立つ杉野パレスだから無縁と思っていたが共同温泉結構ある。

堀田温泉から5分ほどで向原ムカイバル温泉。
写真を撮っていると丁度ご老人が出てきて、入れますよ、と言ってくれた。
が、もういいかなぁ、と云う気になっていた。
f:id:gotuteki:20200329125812j:plain
いまさらなんだが、そもそも風呂は一日の疲れを癒すところで、趣味道楽で梯子をするのものではない。
次の事前調査として場所だけ記憶して散歩して帰ることにする。

結局、別府八湯のうち観海寺と東別府駅らへんの浜脇を次に残して8分の6に入ったわけだ。

Google先生によると、前日は13㎞、この日は18㎞らしいが、亀川まてはフラットな海岸線を往復、この日は上ったり降りたりで3倍くらい疲れた。

・鯵と鯖

境川へ向かうとすぐに、西別府団地温泉の看板。入れるのかは不明。
立派な南立石公園にはもう躑躅が咲いている。
f:id:gotuteki:20200329212545j:plain
イナコス?の橋と云う変わった作りの橋で境川を渡り海に降りて行くと、例の大友某と徳川方の石垣原の古戦場跡と云うのがあった。
で、すぐにその関係の七ッ石神社と七ッ石温泉。
f:id:gotuteki:20200329125921j:plain
マンションの下にも温泉。
f:id:gotuteki:20200329125847j:plain
このあたりは、温泉付き分譲住宅のはしりだったらしい。

JRの下をやたら小さいトンネルかあってくぐれるようになっている。
で、海に出ると左手に「生鮮+業務スーパー

しつこいが、鯵の握りと焼き〆鯖寿司を買って、恒例の裏の海岸で鯵で一杯、宿に帰って鯖で一杯、風呂に入って寝た。
f:id:gotuteki:20200329130621j:plain 
鯵は大きめだからかシマアジみたいにあぶらがのっていた。

あと2日は晴れるらしいが帰ることにした。
旅に出て11日、少し疲れた。
f:id:gotuteki:20200329130639j:plain

・御仕舞い

翌朝は始発で出て共和駅まで行くつもりだったが、これまた恒例神戸線事故遅延で怪しいので山科で泊まった。

大阪から京都滋賀愛知のJR駅に近いネットカフェは山科の快活と共和の自遊空間しかないと思う。名古屋駅は高い。
あと数ヶ所2~30分くらい歩くのがあるくらい。

駅でビールを飲み、今回は王将でなく松屋に入ったらお持ち帰りが660→500円のセールだったのでお持ち帰りして快活で食べた。
f:id:gotuteki:20200329212504j:plain
翌日は余裕があるが、座れないと困るので始発に乗った。
三島(ここも九州なみにミカン安い)と
f:id:gotuteki:20200329130040j:plain
寒川神社(実ははじめて)に途中寄って帰宅。
f:id:gotuteki:20200329130103j:plain
この旅で青春切符は丁度5枚使いきった。

とりあえず玄米を仕込んで横になった。

2020春、12日間の旅、これにて御仕舞い也。

……あー疲れた。うちのせんべい蒲団は極楽。……ひまつぶしも結構たいへんだよ。