兀狄山人漂泊録 GotutekiSanzin hyouhakuroku

Ultla Light ウルトラライト/野宿 旅/Bライフ/ ;世を捨て 人生から降り 晴歩雨読 無為徒食 兀兀騰騰 逍遙漂泊 備忘録

2019年 05月 東北(車)旅行 3.横手、角館、久慈へ 【旅】

2019年 05月 東北(車)旅行 3.横手、角館、久慈へ 【旅】

050月2日 晴れ

間近な鳥海は上半分はガスの中ながら快晴で気持ちのいい朝。

検討の結果、角館の桜祭りがまだやっているらしいので行くことにした。
小生は全く興味がなくはじめて、あとの二人は何度も来たことがあるらしい。

その前に、丁度11時の開店時間に通りかかる、横手焼きそばを食べることにした。
食い道楽本店。 開店前から並んでいる。開店しても、もたもたして入れてくれない。
普段ならパスなのだが、仕方なく待つ。
小一時間かかって、やっとありつく。
完全にキャパオーバー。
要するに、居酒屋の〆の目玉焼きの乗った素朴な甘い焼きそばだ。
神戸のボッカケみたいに手間もかかってないし、テクニカルでもないし、格別美味いわけでもない。普通に家で作れるレベル。
安いけど、わざわざ並んでまで、食べに来るものでは決してない。
f:id:gotuteki:20190504063552j:plain
単なる話の種。
f:id:gotuteki:20190504063720j:plain

このあたりから、道の駅や地場産の店がローカル色豊かでがぜん面白くなってくる。
やはり、山形秋田は山菜王国だ。
先が長いので、買い物は帰りまで我慢。
f:id:gotuteki:20190504063838j:plain
⭕ ⭕ ⭕

残念ながら、角館の桜は、はっぱしかなかった。
観光客は多かった。
やはり、女子供の集まる観光地はくだらない。
ま、二度と来ないから丁度いい。
f:id:gotuteki:20190504064004j:plain
さて、本日の宿泊地はなかなか見つからない。

結局、足の悪い老母に不安はあるものの、唯一予約のとれた、岩手県の太平洋岸 久慈市健康ランドの仮眠施設に向かうことにする。

和賀山塊
f:id:gotuteki:20190504065334j:plain
秋田駒
f:id:gotuteki:20190504065830j:plain
岩手山
f:id:gotuteki:20190504065945j:plain
を見ながら通過して、盛岡郊外から渋民へ

姫神山をすぎ、太平洋へ向かって山を越える。
f:id:gotuteki:20190504070140j:plain
連れは閉店間際の道の駅で地元のワインを買ったりして、久慈市へ。
スーパーで買い物をして20時過ぎに、高台の健康ランドへ。

古墳の湯。
個室は満室。男女別仮眠室一人2500円。
立派とはいえないが、こじんまりと、さほど混んでもいないし、安いし上々。
ただし、2階の仮眠室へは階段だけでエレベーターは無い。

80ん才の足の不自由な老母にはちと厳しかったが、なんとか泊まれた。

トレイルバムの新しいバックパックで潮風トレールを歩いている人と浴場で少し話た。
八戸から4日もかかるらしい。……

この日は、24時近くまで起きていて、別室に別れた。

続く